オフ・アーカイブ 情報欄

日本の不思議な法律事情

投稿日:

渋谷駅ハチ公改札出口付近のでっかい看板のところで動物愛護団体が革製品反対、食肉反対的な抗議をしていました。

ビラを配って蛇腹のパーテションの様なものを設置してテレビモニターを据えて拡声器を使っていました。

そこで私は疑問に思ったのですぐ近くの交番に「あれって合法なの?」と聞いてみました。


私が疑問に思った事

道交法については色々私も調べていて(大道芸とかするので)そこには下記の様な事が禁止されています。

  • 拡声器の使用禁止
  • 設置物の禁止

で、抗議団体を見たら全部破ってるじゃん!と思って聞いたわけです。

交番のお巡りさんの見解としてはこうでした。

  1. 政治演説の場合は拡声器が使える(私もそれは知ってた)
  2. デモ・抗議活動でも同じ
  3. 通常の道路使用許可の場合やりすぎ時は注意立ち退き要請ができる
  4. 政治デモ活動時は注意しかできない。(要はやりすぎが認められてる)
  5. ぶっちゃけ大道芸や路上ミュージックと政治活動の道路の使い方は特に違いが分からない。
  6. でも法律上そうだから仕方ない(交通課じゃないから道交法について詳しく勉強してない)
  7. 一応大道芸路上ミュージックはお金を要求するから営利活動に当たるからダメなんだと思う

って事でした。

まあ、どうやら私の方が詳しそうだったからその場で済ませましたが実は

道路使用許可には種類があって道路工事や路上駐車容認とかあるんですけど4番が露店等道路上での営利活動許可なわけです。

フリーマーケットとか、お祭りとか、ティッシュ配りとかは4番に基づいて出してる訳なんですけど、これらは直接金受け渡して以内だけで、企業が営利活動のプロモーションとしてバイトで雇った人がティッシュ配ってるんだから営利活動してるじゃないか!っと思いました。

日本って不思議ですよね。

応援サポート

ブログ主が運営するネットショップにてチップが支払できます。ブログを読んでいただいて、いいね、シェアもうれしいですが、チップいただけるとかなりやる気出ます。よろしければお願いします。


-オフ・アーカイブ, 情報欄
-, ,

Copyright© TearCheer , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.