こんな言葉は辞書にない

TearCheerというのはこのサイトの運営者が2015年に作った造語です。

現在は個人事業主の屋号として用いています。

元々は英語の歓び『Cheer』と涙『Tear』を合わせてCheer-Tearでした。

けれども、作った本人が「言いにくい」という理由で文字を反転、

さらに言いやすいように「R」の発音をなくして「てぃーちゃー」と読むことにしました。

届出を出した時に『先生』のteacheer表記間違っちゃったわけではありません。